So-net無料ブログ作成
検索選択

昭和27年に完成した 尾張一宮駅 [現存しない建物]

今日の記事は、昭和27年に完成した 尾張一宮駅です。

尾張一宮駅.jpg

在来線、東海道本線の駅です。
この駅ビルは、まもなく5月中に取り壊すというのを聞いて撮影してきました。

画像はクリックすると大きくなります


尾張一宮駅2.jpg
定礎に昭和26年2月と記載されてました。

(定礎は、建設し始めた時期のことです)
定礎.jpg

さすがに55年も前の建物なので、古さがあります。

この駅は、ウィキペディアの情報によると、

民衆駅のはしりなんだそうです。
今で言う駅ビルみたいなもので、
初めて建てられたのは、愛知県の豊橋駅なんだとか。

民衆駅のくわしい意味は
こちらをクリック

JR尾張一宮駅と奥に写っているのが、
名古屋鉄道の名鉄一宮駅で、上に建っている名鉄百貨店一宮店です

尾張一宮駅3.jpg


尾張一宮駅4.jpg

駅に設置されている
電光掲示板では、いろいろな広告や行政のお知らせが流れています。
尾張一宮駅5.jpg


駅構内は、改装されていてきれいです。
この先を少し歩くと、切符売り場と、改札があります。
尾張一宮駅内部.jpg

尾張一宮駅の駅ホームからは、「毛織の本場」と書かれた看板があります。

一宮市は、繊維産業が盛んなところでした。
画像はクリックすると大きくなります。
尾張一宮駅ホーム.jpg

追記:2016年12月 カテゴリー移動しました。


タグ:一宮市
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0